「EXE ぷにあな3D」 史上初!骨格内蔵のハンドホール!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
reddit にシェア

puniana3d

 

”ぷにあな”はEXEを代表する人気の萌え系オナホシリーズ。低価格の大型ホールとして定評があり「ぷにあな」(1.2kg)⇒「ぷにあなDX」(2.4kg)「ぷにあなSPDX」(4kg)と進化を遂げてきました。今回登場した「ぷにあな3D」は、”ぷにあな”シリーズ初のハンドホール。そして、これまでは大型ホールにしか存在しなかった”骨格”を初めてハンドホールに内蔵した記念すべき作品。

 

箱を開けると本体がビニールで2重に密封されていました。ここまで厳重に封がされている商品は珍しい。油漏れがひどいのかなと思いましたが、本体の外壁はサラサラしていて良い手触りです。手に持った感触はオナホールというよりゴムで出来た堅い箱のよう。普通オナホールは持った手の感触からして柔らかいですが、外側は堅いのに中だけ柔らかいコントラストが非常に新鮮でした。いままで色々なオナホールを試してきた方なら脳が騙される感覚を覚えると思います。

 

数回使った後に”骨”がどんなものなのか取り出してみることに。ゴムのようなペラペラした骨が出てきたのには少し拍子抜け・・・ただ、分解している過程で製作過程の複雑さを実感しました。骨の内部は隙間のないくらい肉が詰まっており、かつ、肋骨のすべての隙間から肉が通されしっかりと固定されている。骨がペラペラでも堅いわけです。付属のパウチローションが漏れないようゼリー状になっているのにも感動。細かな利便性も日々進化してるようですね。

 

サイズ
全長:14.5cm 幅:8cm 高さ:6cm
重量:400g

メーカー:EXE
価格帯:3千円
付属品:パウチローション

 

取扱店情報!(販売・口コミページへ移動します)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です