「マジックアイズ 真実の口」史上初!プラスチックの白い歯がついた!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
reddit にシェア

sinjitu

 

マジックアイズが2014年に開発した”史上初”の「ABS樹脂(プラスチック)の輝く白い歯」がついたフェラホール。(プラスチックの歯がついたフェラホールは2016年現在でも唯一の存在)そして、歴代フェラホールの中でも売り上げNO.1争いをしてる(であろうと推測される)大ヒット商品です。

 

外観が顔のようでリアル。プラスチックの歯がアソコに当たる感触がリアル。そして、歯だけでなく、”舌”の造形や質感もリアル。リアルさに加え、無次元内壁やバキューム発生構造など、オナホールとしての気持ちの良さも兼ねそろえています。このスペックで2,000円台前半なら売れて当然でしょうね。

 

見た目重視で精巧に作られているため、耐久性に弱点があるのが残念なところ。数回の使用で口角部分が裂けてきました。あと、歯が(歯茎もなく)直接内部素材に埋め込まれているため、周辺部分がボロボロで汚く見えます。(買って開けた時から少し汚かった)パッケージの説明で「真実の口は、お口フィギュアです。フェラホではありません。」と書かれていますが、これはメーカーが耐久性に自信がないと言っているように受け取れます。ただ、NLSの紹介ページに「オナホ素材であるTPRは異素材との接着が非常に難しいため、これは技術的にもすごい衝撃です。」との解説があるので、現段階では最高峰の技術を駆使して作られた革新的な存在なのかもしれません。

 

※外観が「女子校生のフェラホール」と似ているために並べて撮影しました。赤い矢印がついているのが「真実の口」です。

 

サイズ
全長:15cm
重量:400kg

メーカー:マジックアイズ
価格帯:2千円
付属品:パウチローション

 

取扱店情報!(販売・口コミページへ移動します)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です