「Cyclone(サイクロン)X10・USB」動画連動ホールで1番安い!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
reddit にシェア

cyclonex10

販売店:Amazon

 

『サイクロン-X10・USB』(SSI-JAPAN)は、「A-10サイクロンSA」(VORZE)の後を追って販売された、今話題の動画に連動する電動オナホール”バーチャルSEXマシーン”。この両者にはある因縁があるのですが、それを知るには2009年まで遡る必要があります。

 

つい数年前まで、電動のアダルトグッズといえば、女性のバイブや電マのことを意味していて、男性向けの商品は”亀頭マッサージャー”と”SOM”くらいしか存在しませんでした。2009年に初めて登場した本格的な”回転式電動ホール”が、RENDSの「A-10サイクロン」。同機は、別途”R1-コントローラー”を使用することで、今までにないハイパワーを生み出すことに成功。当然、売れに売れて、オナホールの歴史の1ページに大きく刻み込まれます。その後、「A-10サイクロン」を真似して低価格で売ったのが、SSI-JAPANの「サイクロン-X5」。しかも、本体とコントローラーが一体化になって価格が半分と、性能面でも価格面でも勝っていました。次第に「サイクロンX5」が「A-10サイクロン」の続編であるかのようにシリーズ化されていきます。

 

2012年、RENDSは”ピストン式電動ホール”「A-10ピストン」の開発に成功。2015年には、数年の研究開発の上に完成した”本格的なバーチャルSEXマシーン”「A-10サイクロンSA」を満を持して市場に送り込みます。時代の流れを読んだSSI-JAPANも「サイクロン」シリーズの新作を動画連動型に決定。それが、『サイクロン-X10・USB』です。

 

VORZE(ヴォルツェ)というのは「A-10サイクロンSA」を販売するために立ち上げたRENDSの新しいブランド。ブランドまで新しくしたのに、”わざわざ”商品名にA-10サイクロンの名前を入れたのは、A-10サイクロンが電動ホールの元祖であるという強いメッセージなのかもしれないですね。ちなみにRENDS(製造メーカー)とNLS(販売店)、SSI-JAPAN(製造メーカー)とワイルドワン(販売店)は、お互い姉妹関係にあるのですが、ワイルドワンでRENDSの製品、NLSでSSI-JAPANの製品は、それぞれ1つも取り扱われていないです。

 

『サイクロン-X10・USB』は、回転式電動ホールが動画に連動するだけの存在。「A-10サイクロンSA」は、低速でもジリジリと力強く回転(高トルク)できるハイスペックマシーン。両者の価格は倍以上違いますが、性能もエンジンからして別物です。『サイクロン-X10・USB』は、”+1D”に対応していないので、「AdultFestaTV」のダウンロード動画は使えません。専用の2~3千円のDVDを買うか、自分の用意した動画で連動パターンを作成して動かすことも可能です。なお、付属している対応ゲームは、パッケージにDVDが入っているのではなく、3GB以上の巨大なファイルをダウンロードする必要があるそうです。

 

メーカー: SSI-JAPAN
価格帯:1万2千円
付属品:専用ホール、対応ゲーム「歪んだ恋愛模様」

 

取扱店情報!(販売・口コミページへ移動します)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です