「A10サイクロン・SA」最新式バーチャルSEXマシーン!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
reddit にシェア

a10sa

販売店:NLS

 

2016年現在、電動オナホールの最新トレンドは、「アダルト動画に連動するマシーン」です。面白そうだけど、DVDソフト高いんでしょ?飽きたら新しいの買わなきゃいけないんでしょ?いえ、今は+1D専用動画サイト「AdultFestaTV 」で300円から買えるんです。ダイジェストの無料動画もたくさん用意されています。今後は、UFO(乳首刺激マシーン)専用動画やオキュラスリフト対応の3D動画など、続々と新作が登場する予定。

 

現在日本のメーカーから出されている動画連動オナマシーンは、この3機種です。

A10サイクロン・SA(VORZE)約3万円
MAIKO-DOS(映天)約1万8千円
サイクロン-X10・USB(SSI-JAPAN)約1万2千円

 

【根本的な構造の違い】
①A10サイクロン・SAも③サイクロン-X10・USBも”回転式電動ホール”で、アタッチメントの種類がたくさんありますが、②MAIKO-DOSは”振動マッサージャー”で、アタッチメントの種類は1種類しかありません。

 

【対応動画の違い】
①A10サイクロン・SAと②MAIKO-DOSは”+1Dテクノロジー”に対応しているため、「AdultFestaTV 」で安く動画を買えるが、③サイクロン-X10・USBは未対応なので、「TMA」や「ibworks」が出している高いDVDを買う必要がある。また、①A10サイクロン・SAと③サイクロン-X10・USBは、好きな動画を自ら編集して使うこともできる。

 

【3つの中で①A10サイクロン・SAが1番高価だが、同じ”回転式電動ホール”である③サイクロン-X10・USBとの違いは何なのか?】
③サイクロン-X10・USBは、数年前から売られている回転式電動ホール”サイクロン-X10”に動画連動機能がついただけ。①A10サイクロン・SAは、低速でもハイパワーが持続できるので、ゆっくり回転しながらグリグリ長時間攻め続けることができる。そして最高速時でも図書館レベルの43dbと超静音。

 

①A10サイクロン・SAは、メーカーの技術力で性能の割にコストが抑えられていますが、他のマシーンは、性能の割に高めの価格設定で売られていると思って間違いないでしょう。アダルト動画連動ホールを体験してみるのなら②MAIKO-DOS。本格的なバーチャルSEXを楽しみたいなら①A10サイクロン・SA一択ということになります。

 

サイズ
全長:29.5cm 幅:11.7cm 重量:1390g

メーカー:VORZE
価格帯:3万円
付属品:VORZE スムースローション-50ml

 

取扱店情報!(販売・口コミページへ移動します)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です